Louise Buchan | ルイーズ・バカン

Louise Buchan は、スコットランド北部にある小さな村で生まれ育ちました。スコットランドにある美術大学でテキスタイルデザインを学んだ後、インドにあるテキスタイル企業に招かれてインド南部に渡りデザイン統括の現場を任されます。約1年のインド滞在後、帰国したルイーズはロンドンへと拠点を移し、約2年間 Donna Wilson (ドナ・ウィルソン) の下でサンプルデザイナーとしての経験を積みます。 2007年に独立、自身のブランドを立ち上げます。その作品は、早速、ヴィクトリア&アルバート美術館、セルフリッジ百貨店等のバイヤーの目に留まり、世に紹介されてゆきます。Louise Buchan の作品は、どれもとても特徴的です。その背景には、彼女が自身の経験と感性をとても大切にしていることがあるのでしょう。また、全ての生産工程を地元で行う事に拘っている点もその一因でしょう。英国の香茶文化が大好きなルイーズは、どんなに忙しくてもティータイムは決して疎かにしないそうです。