Karimoku New Standard | カリモクニュースタンダード

KARIMOKU NEW STANDARDは、木製家具メーカーとして70余年の歴史を誇るカリモクが2009年にスタートしたブランドです。カリモクがモットーとする“テクノロジーと職人の技の融合”。ここに、国内外の才能溢れる若手デザイナーたちのアイデアが加わり、KARIMOKU NEW STANDARDは生まれました。コレクションは、長く使える品質の良さと、楽しく機能面も十分に考えられたデザインが特徴です。 また、材料には国内の広葉樹(カエデ、クリ、ナラなど)を使用。これまで主に紙パルプ原料のチップになるなど、本来持っている価値に比べてあまり有効な利用がされてこなかった国内の広葉樹という素材に着目しました。森林保全や林業地域の活性化など日本の森が抱える問題のために、木製家具メーカーとして何ができるか? をテーマのひとつとして掲げてきたカリモクは、KARIMOKU NEW STANDARDを通して、木材の価値の再発見、サスティナブルな活用を進めています。